連日人混みは疲れてしまいますな

今日は会社の集まりに参加。

為になる話をいっぱい聞けたよ。

やっぱりいろんな経験積んだ人の話は深みがあるね。

稼ぐ為にお金のことばかり考えてたらストレス溜まるから、楽しんで仕事するように心がけたいと思った。

自分がどこを目指したいとかは正直まだわからないけど、私にできることにどんどんチャレンジすることは忘れないでいたいな。

周囲はお金の為に仕事してるって人ばかりで、しばらく楽しく仕事するってことを忘れてた。

これからはお金じゃなく、楽しくをモットーに仕事していきたい。

他人のためもいいけど、自分の為に仕事をするのもいいよね。

それで人のためになるかもしれないならいいよね。

自分が楽しければ周囲も笑顔に包まれる気がするんだ。

持論だけどね。

一年があっという間に過ぎていってしまう。

気がつけばもう今年も2ヶ月を切ってしまいました。年をとるたびに一年が早くなってしまい困っています。子どもの頃は『早く誕生日が来ないかな?』『早くクリスマスが来ないかな?』と色んな事が早くきてほしい!と思っていましたが、今ではもう少しゆっくりにならないか?と思ってしまいます。どうしてなんでしょうね?
今年から下の子も幼稚園に行きだすようになり、一人の時間が増えてのんびりするするようになったからなのか。もしくはここ10年近く子どもと一緒で一人でゆっくりする時間がなく毎日バタバタしていたからなのか。ある程度は楽しい事もし、充実した毎日を送っていってるつもりですが、『一年があっと言う間に終わってしまう』というのを痛感しているこのごろです。

とある女性がオタクから抜けられない事情

筆者は、生粋のオタク気質です。

突然な話ですが、あなたはゲーム・アニメ・マンガなどオタク要素と言える部分はいくつですか?

私は、上記列挙したものはすべて好きです。

列挙してないものも、まだまだ言える自信があります。

(あくまでも、気質です。これだけで、完全オタクだとは、思っていません。)

やめられない理由は、あげるのであればオタク要素である部分に、私が介入できる趣味があるからです。

例えば、アニメのキャラクターを落書き程度に描くことがあり、公開することはありませんが、自分で楽しむ分に、二次創作を小説として執筆することもあります。

絵を描くこと、執筆することは、十年以上の付き合いがあるので、止めてしまうと、ほぼすべてを失ってしまいます。

それだけは、止められないという訳です。

趣味は、利益がないと言ったら、そこでおしまいですが、私はそこで留まりたくはありません。

結婚もし、子を持つ私ですが、人生の勝ち組と言われますが、それでも一度も働いたことがないのです。

こうして、文字を紡ぎだし、それだけで生きがいです。

文字を紡ぐため、どうかオタクを乏しめないで欲しいです。

そして、できればこうした機会を増やしてくださることを、祈るのみです。