総量規制対象外のカードローンは、意外に時間が掛かるの?

カードローンを検討する際、銀行系または消費者金融系のカードローンのどちらかで迷うことがあります。

その理由は、総量規制対象外に該当するカードローンであるかどうかです。そもそも、かつて多重債務者が発生したため、貸金業法を改正し総量規制すなわち年収の1/3までの融資額が限度とされることに至りました。

一方、銀行は銀行法が適用されるため、総量規制に該当せず多くの消費者がローン契約を検討します。

しかし、銀行系のカードローンは消費者金融とは異なり、銀行口座の開設が必要であること、収入証明を提出すること、そして審査に時間を有することとなります。

そして、総量規制対象外かつ無担保型ローンの場合、保証会社での審査が行われることから申込から契約、そして融資までに時間が掛かることが非常に多くなっています。

しかしながら、銀行系カードローンの場合、『住宅ローンを契約している』または『給与口座に利用している』といった場合、金利優遇を受けることが出来ます。

もし、銀行系カードローンの利用を検討される場合、審査までの時間を考慮し、余裕を持った申し込みが必要となります。

申し込み内容次第では、審査に時間が掛かることが多くなるだけでなく、融資金額も希望通りにならないことがあります。

ですが、銀行系カードローンで受けられる融資額が少ない場合、消費者金融系カードローンでも同様の結果になる可能性があることを認識する必要もあります。